エバンヌのネガティブ読書日記 ホーム »
最近の記事

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

伊坂幸太郎『オー!ファーザー』を再読してみた  

知らぬまに、文庫化していたので、もう一回読んでみようかなと。
伊坂さんの本は再読するだけの価値があると思います。明るくなれるんだよなーこれが。
そして映画化も決まっているなるんてことも知らなかった
岡田将生さん主演で5月公開みたいです!

今から楽しみだなーってなところで紹介します


オー!ファーザー (新潮文庫)

伊坂 幸太郎 新潮社 2013-06-26
売り上げランキング : 15432
by ヨメレバ


「家には父親が四人いる⁉︎」

これがこの本のキャッチフレーズです。そう主人公の由紀夫少年には父親が四人いるというとんでも設定のお話なんです。主人公と母親と父親四人の6人家族という家族構成。一体どういうことなんだぜ?
ありえないですよね。でもこのありえない設定が、「いや、ありかもな……」と思えてしまうんです。

この父親四人全員が自分が由紀夫少年の父親だと思っているのですが、由紀夫少年に「DNA鑑定すれば本当のことがわかるよ」と言われると困ったような切なそうな面持ちで、(自分が本当の父親じゃなかったら嫌だ)はぐらかします。

だけど、この小説は誰が本当の父親かとういう問題は全く重要ではなく(最後まで本当の父親が四人の内の誰なのかは明かされない)
それぞれかけがえのない個性を持った四人の父親と、それをちょうどいい塩梅で受け継いだ由紀夫少年が繰りひろげる、愉快で少しシリアスなとても楽しいファミリードラマになっています。









スポンサーサイト

category: 伊坂幸太郎

tb: 0   cm: 0

ホリエモンの本読んでみた  

僕には起業したいとか、金儲けしたいとかそういう野心めいたものがあまりないんですね。だから堀江さんにも特に興味はなかった。いやなかったというよりは、堀江さんのことを知っても自分には意味がないと思っていた。

『ゼロ』を読んで改めて思ったことがある。それは自分で自分を決めつけてはいけないということです。自分の可能性を決めつけて、行動に枷をはめるのはまだ22才の僕には早計であるということを学びました。

堀江さんにに興味がある人にはおすすめです。

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

堀江 貴文 ダイヤモンド社 2013-11-01
売り上げランキング : 78
by ヨメレバ



category: 新書・ビジネス書

tb: 0   cm: 0

伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』面白かった!  

伊坂幸太郎の新刊読んだので、紹介します。なかなか面白かったですよ!


首折り男のための協奏曲
伊坂 幸太郎 新潮社 2014-01-31
            売り上げランキング : 151
                                                                                                                                            by ヨメレバ



今回は長編ではなく、連作短編集になってます。連作短編集ではありますが、それほど短編間の繋がりは少なかったかな?伊坂小説特有の伏線を張り巡らせ、それを回収していくっていうスタイルは保ちながらも、今回は少し物足りないかなーとも思いました。

でも黒澤でてきたから全然おっけー
では内容紹介


首折り男の周辺

世間を騒がしている殺人鬼「首折り男」に間違われる位よく似た男とその周辺の物語。

首折り男はその名の通り、必ず首を折って殺人を犯すためついた通り名です。これだけ聞くと、とても恐ろしく、殺伐とした雰囲気のお話なのかと想像すると思いますが、そこはさすがの伊坂幸太郎。
実はこの首折り男、殺し方だけでなく、性格も個性的な殺人鬼なんですね
殺人鬼でありながら、ときより人の役に立ってバランスをとっているって(笑)
時空のねじれ発言も意味がわからないし(笑)
実際、人が死んだ描写もありながら、不思議とおかしみで溢れている。伊坂イズムを感じるお話でした。

また、幽霊がいないと豪語していた少年が、最後「幽霊っているのかも」と言うまでの過程が秀逸。

濡れ衣の話
息子を交通事故で失った男が、息子を轢いておいて反省の色を微塵もみせない女に復讐する。またその復讐の後のちょっとおかしなお話

首折り男が途中で参戦してくるんですが、やっぱりこの男面白い。
世の中のバランスと時空のねじれがこの話の肝だと思います。

ミスター火に油がつぼった

僕の舟
首折り男の周辺でも登場した夫婦の妻の方にスポットを当てたお話。なんと伊坂ファンならおなじみの黒澤も登場します

夫が癌で意識不明になり、少し感傷的になった妻は、過去に好きだった人が今どうしているのか調べて欲しいと黒澤に依頼します。
すると意外な事実が判明して……

黒澤の水兵リーベのこじつけ話がユーモアがあって面白かったのと、意外な事実が素敵で、心が温かくなりました。


人間らしく
引き続き黒澤が登場します。
この話は引用が多く使われるので、伊坂さん作品を始めて読む人は割と辟易してしまうかも。
クワガタの性質と、いじめの問題、人間の攻撃性など様々な会話を一通りした後の神も仏もいないというフレーズの意味への回帰が独創的。
謎が多く残るお話です。

黒澤のいじめ論が面白い。



だから俺から言わせれば、学校でいじめが起きるのは当然だ。教室に押し込められて、暴力は抑制されて、みんな仲良くすることを強いられる。ろくに喋ったことのない誰かに対しても、優しくなりなさい、と強要される。(本文中より抜粋)



そして溜まった攻撃性はスポーツで発散する。体育の授業にはそういった役割もあるのかも。なるほど。



月曜日から逃げろ
さらに引き続き黒澤。
テレビ業界で働く男に弱みを握られた黒澤がクールに仕返しするといった内容です。
月曜日から逃げる。タイトルに全てが集約されています。


相談役の話
怪談?なのかな?よくわからなかった。これも時空のねじれとか、神様がみていれば的なニュアンスで書かれたものなのか?謎が多いお話。


合コンの話
世間をにぎわせている首折り男と合コンに勤しむ男女6人のお話。関係しているようで、していない、不思議だけど、後味はすっきりする話です。


それぞれのお話にそれぞれの味があり、とても楽しく読めます。

おすすめです。

category: 伊坂幸太郎

tb: 0   cm: 0

『ヒカルが地球にいたころ~六条~』最新9巻を読みました  

ヨドバシのポイントが少し溜まっていたので、購入
好きで1巻発売当初から追いかけている野村美月さんの大人気学園ロマンス第9巻です!
ライトノベルだと思ってあなどることなかれ。なかなか秀逸な作品です。


“六条" ヒカルが地球にいたころ・・・・・・(9) (ファミ通文庫)

野村美月 エンターブレイン 2013-12-26
売り上げランキング : 6647
by ヨメレバ


野村さんといえば前作の『文学少女』も素晴らしい作品でした。(個人的には文学少女のほうが好きでした)
人間失格などの本の内容と登場人物を重ね合わせたストーリー展開は読者を惹きつけました。


さて、前巻の最後では、是光が最古参ヒロインである葵と式部からダブル告白を受けました。更に時を同じくして、是光の初恋の相手である夕雨からメールを受け取ります。内容は近々日本に帰るという旨。

そして9巻スタート。ほんとに気になる終わり方だったので待ち遠しかったです。
しーこの乱入により、結局告白の返事はうやむやになりましたが、是光は悩みます。そして朝衣や月夜子からも、嘘か本当かわからないけど、告白めいたものを受けます。もうどんだけハーレム展開なんだか

これまで是光と関わってきた人が気持ちを打ち明け、また初恋の相手の夕雨も帰ってきて、物語が大きく動きだしそうな
とき、あいつの妨害が入ります。

あいつとは……鬼畜度変態もとい、一朱です。
この一朱のあの手この手を使った嫌がらせに是光はこれまで通り、全力で周りの大切な人たちを守ろうとします。

もともと是光の考え方は古風なもので、女性は男性が守るものという概念に縛られていました。これまではそれが良くも悪くもプラスに作用してきわけですが、
今回はそれが裏目にでます。
守ろうとがむしゃらに頑張る姿が夕雨たちには重荷になってしまい、これまでのやり方通用しないことを悟った是光は苦悩します。


そして、同時にこの巻で是光の女性観が変わっていくのを読み取ることができます。
今まではヒカルの願いのもと、弱い女の子、虐げられている女の子を助ける是光というのが基本図式であり予定調和でした。
しかし、今回、一朱の謀略を阻止するため奔走するうちに、女の子だって強い、あるいは強く成長していくということを理解します。
そして、自分が守られていることにも気づく。

人間のどろどろした感情、狂気が書かれているのも今回の巻では特に如実にあらわれていて、少し怖くなります。


ですが、是光の熱い姿勢、言葉や、ヒロインたちの健気に是光を想う姿に感動しますし、次も気になります。

次巻が最終巻ということもあり、ますますめが離せません。

category: ライトノベル

tb: 0   cm: 2

ブックダーツが便利すぎる  

読書中にこの文いいなとか、このページはまた読み返したいなとか思ったとき、どうやって本にしるしをつけていますか?僕は新書やビジネス書の場合、折り目をつけるか、ペンで線を引くかです。でも、中には折り目をつけたりペンで書き込みを入れるのに抵抗がある人もいるはずです。

僕も、なぜだか小説には折り目や書き込みは入れたくないんですね。それでどうしようかなと考えていたときに出会ったのがブックダーツです。

IMG_0110.jpg とても薄くて小さいですが、存在感は抜群です。先がとんがっててダーツの矢みたいな形をしています。

IMG_0109.jpg 容器はこんなんです。

IMG_0111.jpg 僕が購入したのは金銀銅の三色で、75個入りのものです。1300円くらいでした。結構種類があって、もっと個数の少ないものもあります。


使い方としては、 

  ブックダーツ記事用

一番最後のページにあらかじめ何個か仕込んでおきます。
で、気になった文やページがあったら、

IMG_0113_convert_20140211173802.jpg


 
仕込んでおいたブックダーツを差し込みます。どの行を引用しようと思ったのかが一目でわかります。

IMG_0114_convert_20140211174156.jpg 

上から見るとこんなん。
何個差し込んでもほとんどかさばらないので本が厚くなったりもしません。
また、指で触ればすぐにわかるので、そのページをすぐ開けます。

優れものです。これを探していたんだーって感じ。

【BOOK DARTS】ブックダーツ チョコラベル75個ミックス
by カエレバ


【BOOK DARTS】ブックダーツ シルバー(ステンレス)50個缶入り
by カエレバ


【BOOK DARTS】ブックダーツ マルチカラー 15個入り
by カエレバ









category: その他

tb: 0   cm: 2

プロフィール

ネガティブ読書日記へようこそ

カテゴリ

きっと見つかる

最新記事

最新コメント

ようこそ

最新トラックバック

月別アーカイブ

おすすめ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。